トップ  >  アピール・提言・声明  >  大飯原発3・4号機の運転継続認可で原子力規制委員会に抗議 [2013.7.4]

大飯原発3・4号機の運転継続認可で原子力規制委員会に抗議 [2013.7.4]

活断層問題も未決着・関電の不誠実な態度が続く中での
大飯原発3・4号機の運転継続の認可に抗議する

 原子力規制委員会は3日、大飯原発3・4号機について「直ちに安全上重大な問題が生じるものではない」として、運転の継続を認める判断を下しました。

 しかし、既に指摘されているように大飯原発3・4号機の重要施設の下を活断層が通っている可能性が言われ、規制委員会の専門家調査団の結論もまだ出ていません。もちろん原発で事故が発生した場合、重要な役割を担う免震重要棟も無ければ、フィルター付ベントもありません。規制委員会の1人は、関西電力について「対策を小出しにして提案する」とその不誠実な態度を批判し、「安全意識の評価では、合格点に達していない」とまで言い切っています。にもかかわらず運転継続の承認です。

 安全は、対策設備や対応マニュアルとともに、それを支え実行する職員の安全意識がなければ機能しません。安全意識がなければ、対策は無きに等しい状態だと言っても過言ではありません。しかも今回の審査は、原発の運転を停止させることなく、運転し続ける中での点検であり、どこまで突っ込んだ検査、審査ができるでしょうかはなはだ疑問です。

 このようなやり方をするなら、原子力規制委員会は、福島第1原発事故から何一つ学んでいないと言わざるを得ません。このような態度で今後の再稼動申請の審査が行われるならば、それは“再稼動ありき”の格好をつけただけの審査になってしまいます。

 私たちは、このようなずさんな検査・審査を行う原子力規制委員会に抗議するとともに、今回の認可が悪しき前例にならないよう、大飯原発3・4号機は運転を停止させ、再度一から検査・審査をやり直すことを強く要求します。

プリンタ用画面

閲覧数:835
前
関西電力をはじめとする電力各社の原発の再稼動申請に強く抗議する [2013.7.9]
カテゴリートップ
アピール・提言・声明
次
"原発ゼロ" "自然エネルギー推進"の国会を―ゼロの会がアピール [2013.7.4]