トップ  >  アピール・提言・声明  >  関西電力幹部の金品授受問題の徹底究明と公開を求めるとともに、原発立地住民消費者、市民への背信が明らかになった原子力発電の即時停止を求める要望書 [2019.101.11]

関西電力幹部の金品授受問題の徹底究明と公開を求めるとともに、原発立地住民消費者、市民への背信が明らかになった原子力発電の即時停止を求める要望書 [2019.101.11]

2019年10月11日

関西電力株式会社
会長  八木  誠  様
社長  岩根 茂樹 様

関西電力幹部の金品授受問題の徹底究明と公開を求めるとともに、原発立地住民
消費者、市民への背信が明らかになった原子力発電の即時停止を求める要望書

原発をなくし、自然エネルギーを推進する大阪連絡会
代表委員 金谷 邦夫(大阪から公害をなくす会)
同   藤永 延代(大阪市民ネットワーク)
同   岩本 智之(日本科学者会議大阪支部)
同   川辺 和宏(原水爆禁止大阪協議会)
同   菅 義人(全大阪労働組合総連合)
同   中村 毅(大阪から公害をなくす会)
事務局長 庄司 修(大阪民主医療機関連合会)

 2019年9月27日に報道され、10月2日の関西電力調査報告書によって明らかになった、原発工事受注業者・立地自治体元助役との不適切な金品授受に対し、私たち市民は関西電力に対し大きな失望と怒りを禁じえません。

 関西電力は私たち関西の市民生活を支える電力公益企業の役割を持ち、原発問題では、その安全性が大きく疑問視されている中で消費地を離れた若狭湾沿岸の原発立地市民に大きな負担をかけています。今回の事件は立地、消費地いずれの市民に対しても大きな背信行為であり、私たちは到底これを許すことができません。これらの背信行為に関して私たちは貴社に対し以下のことを要望します。

1. 今回の不正な金品授受問題について、利益供与関係も含め、その全容を解明すること、金品を授受した経営幹部は退陣することを求めます
2. 不正な利益供与関係の下で成り立っている原子力発電を即座に停止し廃炉にすることを求めます

以上

プリンタ用画面

閲覧数:119
カテゴリートップ
アピール・提言・声明
次
10.11緊急抗議行動 アピール [2019.10.11]